■プロフィール

Betty daddy

Author:Betty daddy
アラフォー世代の2児の父親です。
少年の気持ちを忘れず
アメリカ生活を楽しみます。
アメリカンライフ・
自動車関連を記事に
していきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2014 Summer Vacation Vol.4-1【Antelope Canyon Navajo Tribal Park】
4日目前半はペイジの街から、「アンテロープキャニオン」へ
アンテロープキャニオンはナバホ族居留地にあり、
アッパアンテロープはガイドと一緒でなければ見学できません。
IMG_6228_.jpg
ピックアップトラックを改造した移動バス?に乗りいざ出発。
途中 砂地の干上がった川底をガンガン進みます。
IMG_6242_.jpg
暫く進むと、岩壁の小さな割れ目の前に到着、ここから歩いて進みます。
IMG_6244_.jpg
一歩 足を踏み入れるとそこは神秘の世界!
砂丘が固まって岩になり、そこを長い年月掛けて水に砕かれて現在に至るそうです。
太陽の光は地面までほとんど届きませんが、壁面が照らされ何とも神秘的です。
IMG_6270_.jpg
IMG_6309_.jpg
IMG_6371_.jpg
ナバホ族のガイドさんは、とても親切にユーモアを含め説明してくれ、
綺麗に写真が写せる様にポイントを教えてくれたり、
カメラの設定方法についても教えてくれます。
本来はアッパよりも数キロ離れた下流にある、ロウアーアンテロープがお薦めだそうですが、
小さな鉄の階段を使ったり、距離も3倍あるとのことで我家は断念しました・・・

アンテロープの次は、コロラド川が描き出した巨大なヘアピンカーブこと、
「ホースシューベント」へ、アンテロープからたった15分は走ったところにあります。
ここ駐車場から日影のない砂地(砂丘)を15分程歩かなければなりません。
大人でも苦痛ですが、嫌がる子供達をどうにかこうにか説き伏せ歩きます。
そこは断崖絶壁!! 高さ300mの崖っぷち、もちろん手摺なんてありません。
自己責任!近くまで寄ると思わず足がすくみます・・・
IMG_6424_.jpg
帰りも黙々と歩いたお次は、ここも15分程の位置にある、
「グレンキャニオン・ダム」へ
”レイク・パウエル”は人造湖、ダムによって沈められた大峡谷・・・
IMG_6454_.jpg
IMG_6459_.jpg
このダム全米第2位の規模を誇るそうです。
また湖 レイクパウエルは東京から仙台程の距離があり、
アメリカの家族はここに船を浮かべ楽しむそうです。

ここまで、ペイジで楽しみ 本日の目的地「モニュメントバレー」目指して
移動します。
つづく・・・

スポンサーサイト


旅行 | 15:05:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。